アレルギー性鼻炎のレーザー治療

アレルギー性鼻炎のレーザー治療 ~くしゃみ・鼻水・鼻づまりでお悩みの方~

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は大きく分けると季節性・通年性の2種類があります。
季節性はスギ・ヒノキ等の花粉症が原因、通年性はハウスダスト・ダニ等が原因で起こります。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)

スギやヒノキ等の花粉による季節性アレルギー性鼻炎は
花粉症と呼ばれます。花粉は人体にとって異物です。
異物が体内に侵入しようとすると、体がこの異物を外へ外へと
排除しようとします。

毎年、花粉が体の中に入り、蓄積されることによって体の中に
免疫作用が起き、花粉に抵抗する抗体が増加していきます。
そして、この抗体が増えることによって、花粉が体に入る度に
アレルギー反応が過剰に発生します。

アレルギー反応とは、例えば、鼻の中に花粉が入ると、鼻の中で過剰なアレルギー反応が起き、
くしゃみ・鼻水が止まらなくなったり、目の中に入ると、痒くてたまらなくなったり、
気管支に入ると、咳が止まらないといったことが起きます。
さらに、ひどい症状になると、発熱し、日常生活にもかなりの支障をきたします。
そのため、当院では花粉症の方に効果の高い『早期のレーザー治療』をお勧めしています。

通年性アレルギー性鼻炎

お子様から大人まで、アレルギー性鼻炎の方は年々増加しています。
これは大気汚染などによる環境の変化や食生活・生活習慣の
変化などが原因と言われています。

アレルギー性鼻炎はくしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状が
現れますが、どんなアレルギーで症状が現れるかは
個人によって異なります。
しかし、通年性アレルギー性鼻炎の方は主にハウスダストやダニが
原因で症状が現れると考えられます。

通年性アレルギー性鼻炎は、通常は内服による治療を行いますが、治療期間が長期に及び
お身体に負担がかかるため、当院ではレーザー治療をお勧めしています。
レーザー治療を行うことにより、早期効果が期待できます。

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)のレーザー治療

麻酔を浸したガーゼを鼻の中に入れ、麻酔をした後、
鼻の粘膜の表面にレーザーを当てていきます。
粘膜を切除する手術と違い、出血も痛みも少ない治療法です。
治療時間はわずか30分ぐらいで終了。
通常の外来診療で治療を受けていただくことができます。

通年性アレルギー性鼻炎のレーザー治療

鼻の中にある出っ張り部分の粘膜にレーザーを当てていくことにより、鼻の穴を広くし、
同時にアレルギー反応を起こす細胞を変化させ、鼻炎症状を緩和させます。
レーザー治療は出血も痛みもほとんどなく、通常の外来診療で受けていただけます。

アレルギー性鼻炎のレーザー治療概要

おおよそ、下記のような治療概要となります。
通年性のものは一年を通して、
季節性のものは12・1月頃(花粉が飛散する1~2ヶ月前)からの治療が有効とされています。

治療時間
(目安)
痛み 期待できる効果 料金
30分 表面麻酔により
ほとんど痛みは
ありません
・鼻づまりはほぼ改善します
・くしゃみ・鼻水は
 約半分の方が改善します

保険適用になりますので、
1割負担の方は3,000円程度
3割負担の方は9,000円程度
上記の他に、初診・再診料や処置料等含め、別途3,000円程度発生いたします。

 

診療予約